mofu mofu

手仕事やパンを焼くことが大好き                                                                                                                                    小さな石鹸教室をひらいています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日も昨日も  

パンを焼いています





成型を長くし過ぎて曲がってしまいました
1箇所だけクープが綺麗に入っていました





微妙に気泡が





折角はるゆたかブレンドを使ったのに、
発酵不足のまま焼いてしまったカンパ
伸びたいけれども伸ばせない
そんな窮屈な感じ





こちらは、ハマナス
国産小麦をパン用に改良した小麦
私は割とお気に入り、今回はこの粉を沢山買ったので、当分ハマナスぱん

何時もより温度を上げてみました
色がつき過ぎちゃったけど、エッジはしっかり立ちました
温度ってやっぱりキーポイント





なんとなく一筋の光が見えてきたバゲット
でも、一本は全く開かなかった💦
国産小麦は、加水を減らすというのが定説ですが
このハマナスは外麦と変わらない加水で大丈夫みたい


今まで余り考えたことなかったけれど
粉と酵母の関係や
パンにあった小麦を選ぶ必要性
自分なりに、わかってきた気がします



スポンサーサイト

category: パン焼きました

tb: 0   cm: 0

おっさん  

ココアと竹炭
相性がいい名コンビ
菜種油と米油でさっぱり石鹸に
ちょっとこってりめの色





ん?
随分と遠慮気味な着色
おっさんの前髪みたい
思わず顔を書きたくなる仕上がりです





はい、美術は栄光の2でした
言わずと知れた でした

category: 石鹸

tb: 0   cm: 0

プルマン  

最近パンばっかり焼いています
丁度いい気候なんですよね





ホシノでプルマン
天然酵母はリーンなパンのイメージがあるけれども、副素材の入ったこんなパンは驚くほど軽く焼けます
サフと変わりないです
でも、香りはドッシリとホシノです





ガス抜きが不十分だけど、満足
丹沢フランスパン用だからこんなに軽やか?
割とあっさりした味です
ホシノのプルマン癖になりそう(笑)





こんなオーバルも





へっぽこバゲットも

日々生産中です


category: パン焼きました

tb: 0   cm: 0

葡萄の樹液石鹸  

今年も葡萄の樹液を、PASERIさんのみいさんから頂きました。
丁度たまごはんが石鹸を作りに来ると言うので2人お製作





苛性ソーダを溶かしたところは、精製水と違って白っぽく濁りました
使ったソフトオイルはマカダミアナッツとオリーブ、着色はなしです。
泡立て器でシャカシャカして、キメの細かい生地にしあがり
トレースも思ったよりもゆっくりだったので、久し振りの石鹸を和やかに作れました




お昼は、温めるだけのパスタソースにふたねや製麺所の生パスタ
バジルのソーセージに相変わらず自家製のツナのオイル漬けと春菊のサラダ
パンサークルのお土産パンと焼きたてカンパ

何ヶ月ぶり?なんて話しながら、近況報告
お互い親の看病と介護に追われ身も心もヘロヘロ
そんな話を怒涛のごとく話、スッキリして解散(笑)

やっぱり山梨楽しいわと来た時よりも、少し明るい顔で車に乗り込んだたまごはんの顔を見てチョット安心したよ。

category: 石鹸

tb: 0   cm: 0

パンサークル  

お誘いを受けたパンサークルに向けてカンパを焼きました
今回は全部ホシノ丹沢フランスパンです





リスドルに主人の実家で作ったの全粒粉2割
リスドル、南部小麦、はるゆたかブレンドの4種類





今回は粉と材料を合わせたら30分のオートリーズをとり、だいたい10回ほど折りたたんで発酵させました。
本当ならもう少し気泡がはいってもいいかな?
まぁ、元気に上を向いて伸びてくれたのでよしとします





アトリエナナさんにお邪魔しました
ステキにセッティングされたテーブルには、サラダと雑穀のスープが用意されていました





末木さんは、バジルのワンローフと鍋焼きパン
豊田さんは、ヨモギのワンローフとライ麦入りのガーリッククルトン
どのパンも粉の香りと味が最大限に生かされていてとても美味しい





こうやって焼き比べると香りが全然違う事に気がつきます
鼻に抜けるようなリスドル
芳ばしくしっかりした南部小麦
余り香りは立って来ないのだけれども、
甘くしっかりしたはるゆたかブレンド
素朴な全粒粉

そして3人が口にした言葉が、色!
色もこんなに違う
南部小麦は色白なんですね

豊田さんとは初対面だと言うのに、挨拶もソコソコにパンの話で盛り上がってしまいました
末木さんが、本当に初対面ですか?と確認をする位(笑)
怒涛のごとくありとあらゆるパンのお話
とても勉強になったし、刺激になりました

皆が楽しく、気軽にパンの話ができる
そんな素敵なサークルにしましょうとアトリエナナさんを後にしました

末木さん、豊田さん楽しい時間をありがとうございました




category: パン焼きました

tb: 0   cm: 0

マーブル  

青の色を試した時に一緒に作ったマーブル
ラピスラズリだけの青です
気泡が激しく入っていますが、気にしないと言うことで





ラピスの青は、透けるような涼しげな色です
大好きな青なんだけど、今は入手困難
在庫がなくなったらもう作れないから、小出しにしています(笑)

初夏はやっぱりこの青でしょ

category: 石鹸

tb: 0   cm: 0

daiginjyo  




季節的には遅い感じもしますが、
大吟醸の酒粕を入れた石鹸
こっくりとした使用感でしょうか?
もう少し酒粕を綺麗に濾して、温度が上がらないように
注意をすればさらさらの仕上がりになったかな

暑い夏に向かうけれども、次回はメントールと大吟醸なんて組み合わせで作ってみようかな




category: 石鹸

tb: 0   cm: 0

香りの世界  

ナードのレッスン5
今日は香りのお話です
色々な香りを愉しんだり、香りのブレンドの勉強





実習は練り香水作り
大好きだけどフレグランスとしてブレンドするのにはちょっと難しいレモングラス
思い描いた香りにしたくて、ブレンドを考えました
小澤先生に何度も相談して、やっと完成した香りは、まさに思い描いた香りでした

殆どの精油を合わせてみたのでは?
という位何種類もの香りを合わせて決まったのは、レモングラス、ベルガモット、パルマローザ
この香りを知ったら、レモングラスが虫除けキャンドルなんていうイメージはなくなっちゃうかも





この日、レモングラス地位向上委員会なるものを1人で発足(笑)
更なるフレグランスとしての大衆化を目指します!





頂いた袋とリボンで簡単ラッピング
ケースが素敵なのでこのままプレゼントになっちゃいます

レモングラスはブレンドをして数日たっていますが、さらに素晴らしい香りに熟成してきております

category: 講座色々

tb: 0   cm: 0

  

石鹸の着色
自然の素材はそれだけで収まりがいいから気にならないけれども
最近ちょっとブームなネオンカラーや色々なピグメント
中々コントロール出来ません

オイルの種類でも発色が違ってきます

特に難しいのは青かな?
タネに入れるとみるみるグレーに😢





ラピスラズリとネオンカラーのブルー
今回は綺麗な青になりました
やっぱりオイルの色が薄いといいのかな?

食物色素でも試してみたいけれども、入手困難😞
そんなことを考えていると、あれもこれも試したくなる今日この頃です


category: 石鹸

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。